マンダレイ ベイ リゾート アンド カジノの口コミ・評判は?ラスベガスでリアルカジノ体験

マンダレイ ベイ リゾート アンド カジノってどんな所?

ラスベガスはさすがカジノの街でどこにいってもスロットマシンがおいてあり、気軽に遊べるようになっていました。街角に設置されているスロットはほとんどコイン式なので、まず小銭を作るために空港でドル紙幣に両替後、ファストフード店へ行ってドリンクを購入し、お釣りで小銭を確保しました。目に付いたマシンでどんどん遊ぼうと思っていたので、ある意味手当たり次第に挑戦しました。

ラスベガスでカジノ三昧でした。
しかし、旅行者という事もあり、ポーカーや他のゲームは騙されそうだったので、ひたすらスロットマシンで遊びました。

滞在して何日か経つと、どうやら街角のスロットでちょこちょこ遊ぶよりやはりカジノでじっくり遊んだほうが集中できるし、もしかして稼げるかもと思い、ホテルの中にあるカジノを転々としました。
ただ、どこのカジノでもスロットへの掛け金が小額だったためかほとんどがプラスマイナス0でプレイ終了という状態でした。やっぱりそんな簡単には勝てないなぁと思いながら、最終日の出発ギリギリまで宿泊しているホテルのカジノでスロットに挑戦しました。

マンダレイ ベイ リゾート アンド カジノでの体験談

友人達は他のゲームで遊んでいたのですが1人掛け金もちいさいまま、スタンドアロン方式で地味に遊んでいました。
そこでまさかの大当たり。プラスマイナスプラスという結果に終わりました。

気が付くと荷物もまだまとめておらず、慌てて帰国の準備をしました。ホテルの中にあるカジノで遊んでいましたので、旅行者も多く、セキュリティがある程度しっかりしていたので、安心して遊ぶ事が出来ました。

またフライトの関係で帰国の際に早朝に集合するケースもあり、寝坊が気になって夜通し遊ぶ旅行者も多いようです。
私も最終日はそのパターンだったのですが、深夜でも人がたくさんいて、時間を感じさせないそんな空間でした。私の遊んだスロットマシンはボタン式だったのですが、レトロなレバー式のマシンもおいてありました。レバー式のマシンも中身は最新式でした。

ホテルのカジノはゲームの種類も台数も豊富です。ホテルの中という事もあり、ある程度マナーを守っていれば安全だと思います。そして、帰国前の空港にもやっぱりスロットマシンがところどころにおいてありました。
小銭が少し残っていたのですが、アメリカの小銭を持っていても両替できないし、これはやるしかないという事で、もちろん挑戦しました。あくまでも最後の遊びだったので、当たりませんでしたが、最後のどきどき感は楽しめました。
滞在中全体的に手軽な感じで楽しむ事ができました。

カジノサイトおすすめランキングBEST3

当サイトにおけるおすすめのカジノサイトをご紹介します!
それぞれのサイトに違った特徴がありますので、ご自身にあったサイトを見つけてください!

カジノサイト部門・第1位
KACHIDOKI
KACHIDOKIカジノサイト
KACHIDOKI:情報
運営会社  :Studio Booking N.V
ライセンス :マルタ政府
公式URL  :https://e-gaming.club/ja/
日本語対応 完全対応、日本語フルサポート
サイト評価 :★★★★★

カジノサイト部門・第2位
ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ:情報
運営会社  :Dumarca Gaming Ltd.
ライセンス :マルタ政府
公式URL  :https://www.verajohn.com/ja
日本語対応 日本人スタッフ、時間制限ですが在中
サイト評価 :★★★★☆

カジノサイト部門・第3位
ジパングカジノ

ジパングカジノ:情報
運営会社  :Bayview Technologies, Limited.
ライセンス :フィリピン共和国
公式URL  :https://www.zipangcasino.com/
日本語対応 完全対応、日本語フルサポート
サイト評価 :★★★★☆