マリーナ・ベイ・サンズカジノの口コミ・評判は?シンガポールでリアルカジノ体験

マリーナ・ベイ・サンズカジノってどんな所?

シンガポールに仕事で長期滞在していた頃、カジノにはまってしばらく通っていたことがありました。(と言っても、大金を賭けて大儲けしたとかボロ負けしたというレベルではなく、あくまでオフの日の暇つぶしだったり、ちょっと勝ってその日の食事代が稼げればいいかなという程度ですが。)
シンガポールには2つの大きなカジノがあり、1つはかの有名なホテル、マリーナ・ベイ・サンズの中にあるカジノ、もう1つはセントーサ島にあるカジノです。私は両方とも行ったことがありますが、セントーサ島は私の住んでいたところからやや遠かったので、前者のマリーナ・ベイ・サンズの方に主に通っていました。

マンダレイ ベイ リゾート アンド カジノでの体験談

規模的にはかなり大きく、一般フロアとハイリミットフロア、VIPフロアなどがあり、私は当然一般フロア専門でした(一度だけ、一般フロアで同僚と遊んでいたら裕福そうなチャイニーズ系シンガポール人に声をかけられ、ハイリミットのラウンジで遊ばせてもらったことがありますが、アルコール飲料や軽食などもサーブされて非常に豪華でした)。
一般フロアでも雰囲気はかなりゴージャスで、小さなペットボトルのミネラルウォーター(MBSのロゴ入り)、コーラやミロ(シンガポールでは”マイロ”と呼ばれ、老若男女に親しまれています)などのソフトドリンクが搭載されたワゴンや、よく漫画喫茶に置いてあるような炭酸飲料やコーヒーなどの機械サーバーが壁際に設置され、無料で飲むことができます。
人々はそのドリンクを片手にギャンブルを楽しみます。カジノの施設内はシンガポールの他の施設の例に漏れずクーラーがとてもよく効いていて長居すると寒くなってくるので、私はよくホットの緑茶で暖をとりながら遊んでいました(笑)。
また、世界中のカジノが恐らくそうであるように、施設内には窓も時計もありません。客はカジノ側の思惑通り時間を忘れて没頭してしまうのです。

私が主に賭けていたのは大小(sic-bo)という、3つのサイコロを振って出た目の合計の数字や組み合わせなどの結果を当てるゲームです。生身のディーラーがいる台もありますが、大小の台の場合は椅子がなく立ったままでないとできないので、私はもっぱら機械の台でゆっくり座ってちびちび楽しんでいました。
基本的にはルーレットと同じような感覚で、大か小かの2択(サイコロが3つともゾロ目だった場合は大でも小でも負け。その数字やゾロ目であることを当てた場合のみ勝ち)に、”もう5回連続6が出ていないから次あたり出るぞ”という大雑把な予想のもと6に賭ける…といった非常にラフな賭け方をしていましたが、ミニマムベットが2ドルの台もあるので、深追いしなければ負けても数百ドル程度で済みます。ただ、そこからの大逆転もあり得るので、多少深追いした方が結果的に勝ちに転んだりすることもあるんですけどね。

勝ったり負けたりを繰り返して、一応それをカレンダーにつけていたところ、最終的に通算300ドルの勝ち越しであることがわかりました。
ギャンブルなんて長い目で見れば必ず親が勝つようにできていて、客は負けるものだと思っていたのですが、少額でも勝ち逃げできたことがわかって満足です(笑)。

カジノサイトおすすめランキングBEST3

当サイトにおけるおすすめのカジノサイトをご紹介します!
それぞれのサイトに違った特徴がありますので、ご自身にあったサイトを見つけてください!

カジノサイト部門・第1位
KACHIDOKI
KACHIDOKIカジノサイト
KACHIDOKI:情報
運営会社  :Studio Booking N.V
ライセンス :マルタ政府
公式URL  :https://e-gaming.club/ja/
日本語対応 完全対応、日本語フルサポート
サイト評価 :★★★★★

カジノサイト部門・第2位
ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ:情報
運営会社  :Dumarca Gaming Ltd.
ライセンス :マルタ政府
公式URL  :https://www.verajohn.com/ja
日本語対応 日本人スタッフ、時間制限ですが在中
サイト評価 :★★★★☆

カジノサイト部門・第3位
ジパングカジノ

ジパングカジノ:情報
運営会社  :Bayview Technologies, Limited.
ライセンス :フィリピン共和国
公式URL  :https://www.zipangcasino.com/
日本語対応 完全対応、日本語フルサポート
サイト評価 :★★★★☆

オーストラリア・スターシティのカジノの口コミ・評判は?オーストラリアでリアルカジノ体験

オーストラリア・スターシティ カジノってどんな所?

私がオーストラリアのスターシティというカジノに遊びに行ったのは今から5年前の夏でした。
当時英語がよくわからず、カジノに入場するのには不安を感じていましたが「せっかくここまで来たんだから、引き返す訳にはいかない」という気持ちで自分を奮い立たせ入場しました。現地の時間ではだいたい夜9時頃で月曜日だった事を覚えています。

最初に入った印象はとにかく「豪華」で「現実離れした世界」でした。
平日にも関わらずかなり混雑していたのを覚えています。中国系のスタッフが多いのですが、皆英語が堪能で何か話しかけられても相槌を打ってごまかす事しかできませんでした。

オーストラリア・スターシティ カジノでの体験談

最初に始めたのはスロット。
日本にあるパチスロと違い、設定差はなく技術的な介入ができないとの事です。個人的な感想は正直いって面白くありません。
例えるならジャグラーをずっと打ち続けるようなイメージです。

日本のパチスロだと液晶画面で様々な演出があり、ボーナスを取れるか取れないかのハラハラ感がありますが、そういうスロットをカジノでも出してほしいと思いました。
ただ特定の図柄を揃えれば、獲得枚数がはっきりわかるという点では若者よりお年寄りの方が楽しめるのではないでしょうか。一番のメリットは店員と会話が不要なので、英語が苦手な方にとっては一番楽なゲームかもしれませんね。
遊んだ結果は日本円にして5000円負けぐらいで、時間にして30分ぐらいでした。時々子役を引けたものの、どんどんコインが減っていくのであきらめました。

次に遊んだのがルーレット。これも単純なルールで、ディーラーが投げた球がどこに入るか予測するだけです。
スタッフとの会話も最小限で済みますし、指さしのジェスチャーだけでも十分です。前回のスロットで負けた事もあり、「ルーレットで絶対に取り返してやる!」と考えていました。
私のかけ方は投げた球が「赤」か「黒」のどちらかです。かてる確率はほぼ50%(赤や黒でなく0という枠がある為。)最初に賭けたのがだいたい1000円ぐらいで1回目は「赤」に賭け、見事当選したのを今でもはっきり覚えています。
その後勝ち負けを繰り返し、1万円ぐらいになったところで欲が出てしまい、当たれば36倍の単独数字「10」に1万円全てを賭けるという大胆な行動に出てしまいましたが、もし勝てたら今回の旅費は全てタダでおつりがくるくらいでしたから、期待は相当でハラハラしていましたが当然「10」にくるわけもなく、負けて終わりました。

カジノを終えて感じた事は、カジノ中毒になる人がいて当たり前かな・・・と。
海外では1日で1000万以上の大金を失う人がいるようですが、そうならないよう規制はしっかりすべきかと思います。

カジノサイトおすすめランキングBEST3

当サイトにおけるおすすめのカジノサイトをご紹介します!
それぞれのサイトに違った特徴がありますので、ご自身にあったサイトを見つけてください!

カジノサイト部門・第1位
KACHIDOKI
KACHIDOKIカジノサイト
KACHIDOKI:情報
運営会社  :Studio Booking N.V
ライセンス :マルタ政府
公式URL  :https://e-gaming.club/ja/
日本語対応 完全対応、日本語フルサポート
サイト評価 :★★★★★

カジノサイト部門・第2位
ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ:情報
運営会社  :Dumarca Gaming Ltd.
ライセンス :マルタ政府
公式URL  :https://www.verajohn.com/ja
日本語対応 日本人スタッフ、時間制限ですが在中
サイト評価 :★★★★☆

カジノサイト部門・第3位
ジパングカジノ

ジパングカジノ:情報
運営会社  :Bayview Technologies, Limited.
ライセンス :フィリピン共和国
公式URL  :https://www.zipangcasino.com/
日本語対応 完全対応、日本語フルサポート
サイト評価 :★★★★☆

マンダレイ ベイ リゾート アンド カジノの口コミ・評判は?ラスベガスでリアルカジノ体験

マンダレイ ベイ リゾート アンド カジノってどんな所?

ラスベガスはさすがカジノの街でどこにいってもスロットマシンがおいてあり、気軽に遊べるようになっていました。街角に設置されているスロットはほとんどコイン式なので、まず小銭を作るために空港でドル紙幣に両替後、ファストフード店へ行ってドリンクを購入し、お釣りで小銭を確保しました。目に付いたマシンでどんどん遊ぼうと思っていたので、ある意味手当たり次第に挑戦しました。

ラスベガスでカジノ三昧でした。
しかし、旅行者という事もあり、ポーカーや他のゲームは騙されそうだったので、ひたすらスロットマシンで遊びました。

滞在して何日か経つと、どうやら街角のスロットでちょこちょこ遊ぶよりやはりカジノでじっくり遊んだほうが集中できるし、もしかして稼げるかもと思い、ホテルの中にあるカジノを転々としました。
ただ、どこのカジノでもスロットへの掛け金が小額だったためかほとんどがプラスマイナス0でプレイ終了という状態でした。やっぱりそんな簡単には勝てないなぁと思いながら、最終日の出発ギリギリまで宿泊しているホテルのカジノでスロットに挑戦しました。

マンダレイ ベイ リゾート アンド カジノでの体験談

友人達は他のゲームで遊んでいたのですが1人掛け金もちいさいまま、スタンドアロン方式で地味に遊んでいました。
そこでまさかの大当たり。プラスマイナスプラスという結果に終わりました。

気が付くと荷物もまだまとめておらず、慌てて帰国の準備をしました。ホテルの中にあるカジノで遊んでいましたので、旅行者も多く、セキュリティがある程度しっかりしていたので、安心して遊ぶ事が出来ました。

またフライトの関係で帰国の際に早朝に集合するケースもあり、寝坊が気になって夜通し遊ぶ旅行者も多いようです。
私も最終日はそのパターンだったのですが、深夜でも人がたくさんいて、時間を感じさせないそんな空間でした。私の遊んだスロットマシンはボタン式だったのですが、レトロなレバー式のマシンもおいてありました。レバー式のマシンも中身は最新式でした。

ホテルのカジノはゲームの種類も台数も豊富です。ホテルの中という事もあり、ある程度マナーを守っていれば安全だと思います。そして、帰国前の空港にもやっぱりスロットマシンがところどころにおいてありました。
小銭が少し残っていたのですが、アメリカの小銭を持っていても両替できないし、これはやるしかないという事で、もちろん挑戦しました。あくまでも最後の遊びだったので、当たりませんでしたが、最後のどきどき感は楽しめました。
滞在中全体的に手軽な感じで楽しむ事ができました。

カジノサイトおすすめランキングBEST3

当サイトにおけるおすすめのカジノサイトをご紹介します!
それぞれのサイトに違った特徴がありますので、ご自身にあったサイトを見つけてください!

カジノサイト部門・第1位
KACHIDOKI
KACHIDOKIカジノサイト
KACHIDOKI:情報
運営会社  :Studio Booking N.V
ライセンス :マルタ政府
公式URL  :https://e-gaming.club/ja/
日本語対応 完全対応、日本語フルサポート
サイト評価 :★★★★★

カジノサイト部門・第2位
ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ:情報
運営会社  :Dumarca Gaming Ltd.
ライセンス :マルタ政府
公式URL  :https://www.verajohn.com/ja
日本語対応 日本人スタッフ、時間制限ですが在中
サイト評価 :★★★★☆

カジノサイト部門・第3位
ジパングカジノ

ジパングカジノ:情報
運営会社  :Bayview Technologies, Limited.
ライセンス :フィリピン共和国
公式URL  :https://www.zipangcasino.com/
日本語対応 完全対応、日本語フルサポート
サイト評価 :★★★★☆

ゴールデンゲートカジノの口コミ・評判は?ラスベガスでリアルカジノ体験

ゴールデンゲートカジノってどんな所?

小春日和の夜にラスベガスで最も華やかなゴールデンゲートカジノでカジノができたことは、人生の大きな糧となっています。
さまざまな人種が集う風景は、自由で開放的なラスベガスを象徴しており、ディーラーとの激しいやりとりも名物の一つに数えられます。
ゴールデンゲートカジノではビュッフェを食べながら、好きなゲームへ熱中することができる環境が用意されており、蔵人のクラスは自分の席まで確保しています。新参者がそこへ割り込むことが難しいように思えますが、実際は誰でも「ウェルカム」といった和やかな雰囲気が提供されています。

ゴールデンゲートカジノでの体験談

地元への貢献の証として、カジノでは最低でも1回に当たり5ドル程度が使用されます。掛け金以上に儲けることこそ、カジノの本来の目的ですが、その場に居合わせた人どうしの素敵な交流も実はカジノでは大きな意味合いを持ちます。人との交流を通じて得られた内容は、かけがえのない状況につながり、お金以上の価値を生む可能性もあるわけです。ラスベガスが今伝えたいことは、カジノの技能以上に人とのつながりを築き上げる内容であることが伺えます。ゴールデンゲートカジノに足を一歩踏み入れれば、他とは異なる魅惑の世界が待っています。

ゴールデンゲートカジノで勝つためには?

どんな人でもカジノでは大損することがあるため、シンプルなゲームであっても自発的になれるものを選ぶことが重要です。運に身を任せるカードタイプは、大金を得ることが難しい状況となっており、最近はスロットなど頭を使う方向へ人気が移行しています。ゴールデンゲートカジノは街全体がカジノに熱中できる内容が用意されているため、ルールが緩和されている外国人へ優しいディーラーが多い場所を攻めることがコツです。経験者が物語る裏情報を聞きながら、全員で状況を共有できる関係性を作り上げていくことも大切になってきます。
カジノを確率論で分析する専門家もいるため、技能が上達していく喜びをひとつでも多く感じ取ることが今後は大切です。またラスベガスへ行くたびにカジノを利用する人間にとっては、この成長こそが生きがいになっています。多くが一攫千金を夢見てこの地を訪れるため、使用される金額の桁は想像以上の内容になるわけです。人生を大きく変えた幸せ者も確かに存在していますが、少しずつ儲けの金額を得ることが庶民には大事です。ゴールデンゲートカジノで学んだ知識を人生へ生かすことで、ギャンブル全体を好意的に見ていくことができます。

カジノサイトおすすめランキングBEST3

当サイトにおけるおすすめのカジノサイトをご紹介します!
それぞれのサイトに違った特徴がありますので、ご自身にあったサイトを見つけてください!

カジノサイト部門・第1位
KACHIDOKI
KACHIDOKIカジノサイト
KACHIDOKI:情報
運営会社  :Studio Booking N.V
ライセンス :マルタ政府
公式URL  :https://e-gaming.club/ja/
日本語対応 完全対応、日本語フルサポート
サイト評価 :★★★★★

カジノサイト部門・第2位
ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ:情報
運営会社  :Dumarca Gaming Ltd.
ライセンス :マルタ政府
公式URL  :https://www.verajohn.com/ja
日本語対応 日本人スタッフ、時間制限ですが在中
サイト評価 :★★★★☆

カジノサイト部門・第3位
ジパングカジノ

ジパングカジノ:情報
運営会社  :Bayview Technologies, Limited.
ライセンス :フィリピン共和国
公式URL  :https://www.zipangcasino.com/
日本語対応 完全対応、日本語フルサポート
サイト評価 :★★★★☆